船橋北病院 公式ホームページ

受診・入院相談
   初診受付

047-457-7000

   病院代表

047-457-7151
交通アクセス

船橋北病院 公式ホームページ

交通アクセス

入院について

※入院の形態によっては、ご家族の同意が必要になります。

入院の流れ

  • 入院は医師の診察によって決まります。
  • 診察によって入院治療が必要か、どの病棟が適切なのかを決めます。
  • 入院治療が必要な場合でも、満床などの理由でお待ちいただく場合があります。
  • 入院には、ご本人の同意による任意入院と、ご家族の同意による医療保護入院とがあります。どちらの形態になるかは医師の診察によりますので、ご家族の方と一緒にお越しください。ご家族のいらっしゃらない方、連絡の取れない方などは、地域連携室にご相談ください。詳しくは、ソーシャルワーカーが説明いたします。

入院時必需品

洗面用具 洗面器、コップ(プラスチック製品)、バスタオル、タオル(各5枚)、歯ブラシ・歯磨き粉、シャンプー、ボディソープ、電気カミソリ、ティッシュペーパー(2箱)など
衣類 普段着(5枚)、肌着(5枚)、寝間着など
履き物 履き物、運動靴、体育館シューズ
※転倒防止のため、「かかとのある履き物」をご用意ください。
その他 現在、服用されているお薬全てをご持参ください。
診察時、医師へお申し出ください。

入院手続き

入院手続きには、下記のものが必要ですので、必ずご持参ください。

  • 健康保険証
  • 印鑑(保護者と保証人それぞれのもの)
  • 入院保証金10万円(保証金は退院精算時に返金いたします。領収証は大切に保管してください)
  • 日用品保証金2万円(入院患者様のお小遣いが病院管理となる場合、保証金をお預かりいたします)
  • 各種公費受給者証

病棟について

精神一般病棟(15:1)

急性期の集中的な治療が必要な方々が入院される病棟です。行動の制限を最小限にして、適正な薬物治療を行なうように努めています。

患者さんの状態に応じて、服薬指導、作業療法、栄養指導などが早期から行なわれます。さらに、多職種で編成された医療チームによって早期の回復と退院が実現していきます。また、入院中における合併症や事故防止にも力を注いでおり、不安軽減・安全の確保に努めています。

精神療養病棟

ゆったりとした療養環境の中、作業療法やSSTなどを取り入れ、病気の回復と社会復帰のサポートを行なっています。

アルコール専門病棟

アルコール依存症とはどういう病気なのか、この病気の性質を知り、自分にとって「どうすればこの病気から立ち直れるか」ということを集団生活の中で学んでいきます。

当院のアルコール専門病棟は全国的にも数少ない男女混合病棟で、男性エリアと女性エリアにわかれています。また、女性で一人部屋をご希望の方には、トイレ、テレビを完備した個室もご用意しております。(差額ベッド代 ¥3,240/日)

入院治療について

認知症治療病棟

認知症に伴う精神症状や問題言動等に対して複数の専門職が、薬物療法や生活機能回復訓練などの医療・ケアを提供しています。生活機能回復訓練は患者様の症状に合わせたプログラムを作成し、身体機能の維持・向上、精神症状の軽減、認知症の進行抑止に努めています。

転院等のご相談について

ご紹介していただく場合は、まず電話にて相談をお願いいたします。
電話で患者様の基本的な情報を確認後、診療情報提供書のFAXをお願いしています。

受付時間10:00~16:00 月~土曜日(木曜、祝日を除く)

ご相談から転院日決定までの流れ

【1】電話での受付

地域連携室にお電話ください(TEL:047-457-7000 ※直通電話)

【2】診療情報提供書の受付

診療情報提供書等の書類をFAXしてください(FAX:047-457-7153 ※直通FAX)

【3】転院可否の返答

上記の内容を確認した上で、院内関係者で、調整、検討後、転院の可否や日程について返答をいたします。

お問い合わせ先

地域連携室:047-457-7000(直通電話)

10:00~16:30(月~土曜日 ※木曜、祝日を除く)