夢だった精神科に勤務、仕事もプライベートもQOLが高まります

職種
看護師
入職年
2016年
氏名
大石 OISHI

病気を治療するだけでなく、その人らしい人生を一緒に考える仕事

もともと学生時代から精神科に興味があったのですが、学校の先生にまずは一般科で学んだ方がよいと言われて就職し、血液内科で働いていました。ただ、やはり精神科で働きたいと考えたので転職しました。精神科は病気が完治するわけではなく、病気とうまく付き合いながら、その人らしい生活ができるようにサポートするのが仕事です。病気の治療に加えて、その人らしい人生を考える一面が精神科の魅力だと思います。

心にゆとりをもって働ける、そんな居心地のよい職場

看護師の世界は人間関係が大変だと言われますが、うちは違います。他の職場なら、新人看護師が意見すると生意気だと思われるかな?となるような場面でも、うちの病院は師長をはじめ、他のスタッフも全員「やってみようか」と意見を受けとめて協力してくれます。患者様に対しても同様で、上から押し付けるようなことは一切なく、どんなことも意見を聞いて対応しています。

つらいことがあっても乗り越えられる仲間がいる

患者様とトラブルになり怒鳴られたことがありました。例えそれが妄想であっても患者様の中では事実なので、周りのスタッフはそれは否定せず話をしっかりと聞きます。そして、私に対しては「怒鳴られて嫌な気持ちになって辛かったね」と愚痴を聞いてくれたり、対応が間違ってたのかなと悩むとそれをほぐしてくれたりしてくれます。精神科のスタッフだからこそ、心のケアをしっかりとしてくれるので乗り越えてこられたと思います。

残業もなく、プライベートも充実

精神科と聞くと、尻込みしてしまう人は少なくないですよね。実際に働いていると、とてもやりがいを持って働けるんですよ。退院した患者様が会いに来てくれたりするとうれしいですね。病棟に来て「あ、大石さーん!」と声をかけてもらえると、退院して元気でやってるんだなと安心感もありますし、名前を覚えていてくれたうれしさもあります。ここは残業もなく、プライベートもQOLを高めるには絶好の職場だと思います。

  • 職種
    准看護師
    入職年
    2017年
    氏名
    桑野

    営業職から看護師へ!日々のコミュニケーションを大切…

    VIEW MORE
  • 職種
    看護副師長(看…
    入職年
    2007年
    氏名

    転職で働き方が激変!初めての精神科もやりがいをもっ…

    VIEW MORE
  • 職種
    看護副部長(看…
    入職年
    1999年
    氏名
    井口

    充実した教育制度に、有給休暇の取得率100%!仕事…

    VIEW MORE